記事一覧

頼んでみてよかった

腱鞘炎のニュースを得て、1週間、なんだかあまりいい気持ちになれないのが正直なところだけれど、
今日は、ひとつこころが明るくなることがありました
生徒のひとりが、私と相談のうえ、私のもとを巣立つ決意をしました。
なので、私はできるだけのことをしてあげようと、
これも、お互いに相談のうえ、
次の先生になってくれそうな方に、私が私の生徒を教えてくれませんか?というお電話をしたのです。
彼は、私がオーケストラのお仕事をしていたときに、スタンドパートナーになったりしたことがある方。
今や、小さなオーケストラでコンサートマスターもつとめているし、有名な英才教育音楽学校でも教えてらっしゃる。
とても久しぶりに、まずはメールでご挨拶をしたら、電話して!とのことで
今日、お電話をしたのです。
もう何年も会っていないけれど元気?どうしてる?
とお互いに近況報告をして、私の生徒のことを相談しました。
彼は私に対してもとても敬意を払ってくれて、私が
「あなたがprincipalの先生となってくれたら、たとえば、あなたが忙しいときなど、あなたのガイドラインに沿って、私が代わりにレッスンをしてあげることもできるわ」と伝えると
「it can be vice versa」と言ってくれました。
いろいろ話をしていくうちに、教えること、音楽の世界に対して、私も彼も、同じような考えをもっていることもわかって、なんだかとてもうれしかった。
とりあえず、あまりプレッシャーに思わずに、そして、NOと言ってくれても構わないので、
来年になったら、一度会ってあげて欲しいと伝えると、気持ちよくOKしてくれました。
なんだかとてもすがすがしい気持ちになれて、彼にお願いしてみて。彼と話せて、本当によかったと強く感じたのでした。
人と、こんな風に気持ちよく交流ができるのは、本当にすてきなこと。
ありがとう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

undeuxplie

Author:undeuxplie
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ